ほんのむし

≫歴史もん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆説の日本史

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)
(1997/12)
井沢 元彦

商品詳細を見る


多分評価がまっぷたつに分かれると思うけど、kinaは逆説の日本史大好きo(^-^)o
ここでは邪馬台国の場所について考察してまして、「地名はそれほど変わらない」「邪馬台国が本当にあるなら、魏志倭人伝の行程以外でも証明できるはず」というところから、邪馬台国を推定してます。
そして、古天文学を駆使して卑弥呼の謎を解き明かしてます。

…すごいとしか言いようがない(^-^;

歴史学者だけではなく、地質学天文学がドッキングしたら、きっと古代がもっとよくわかるかなぁ?と思います。
スポンサーサイト

神々の指紋

kina、小さい時からアトランティスの存在を信じているタイプの人。
この本の要旨は「現行の文明の前にも同じように栄えていた文明があって、それは大洪水で滅んだのではないか?」ということです。

神々の指紋 (上) (小学館文庫)神々の指紋 (上) (小学館文庫)
(1999/04)
グラハム・ハンコック

商品詳細を見る


教科書的な歴史を詳しく知れば知るほど「納得がいかない」ことが多すぎます。
なぜ?
誰が?
何のために?

…となれば、この本のような答えに行きつくしかないんですよね~。

十八史略が読みたい~

小説十八史略〈1〉 (講談社文庫―中国歴史シリーズ) 小説十八史略〈1〉 (講談社文庫―中国歴史シリーズ)
陳 舜臣 (1992/01)
講談社

この商品の詳細を見る


kina、今の中国はあまり好きではありませんが、古代中国は好きで、史記も現代語ではありますが読破…(かな?)いたしました。
この本はその古代中国の歴史を神代から宋代まで取りあげた小説です。
あくまで小説なんで、「そんなのアリか?!」という内容も多々ありますが、それはそれで面白し。
夏休みに李隆基さんのことを読みたくなったんだけど、地元の図書館にそんなものはなく…(T_T)。

改めて「歴史って面白いな~」と思える本だったりします。

読みたいけど読んでない本

大東亜戦争ここに甦る―戦争と軍隊、そして国運の大研究 / 小室 直樹

井沢元彦さんの著書で紹介されていて、読みたいな~と思っているんですがまだ読めていない本です。
でも、まともに読んだらマジギレかブチキレしてしまう本だとは思っています。
どっちも一緒か。

太平洋戦争で日本人の司令官が何をしたか、それが克明に記されています。
部下に次々特攻を命じて自分は敵前逃亡をした司令官、重要書類を敵軍に渡したのに軽い処罰で済んでしまった司令官…旧日本軍の恥ずべき実態を克明に記している本でございます。井沢さんが紹介しただけの内容で「…はぁ?!」でしたから、実際読んでみたらどんなになるか…。

中には硫黄島で玉砕した栗林中将、インパール作戦でコヒマから撤退し、上官に食ってかかった(軍法会議にかかったら死刑もありうる状態でした)佐藤中将のような方もいらっしゃったとは思いますが、それにしてもこのありようは…。

やっぱりぜひとも読みたいっすね。

戦争について考えさせられる本

太平洋戦争 日本の敗因〈4〉責任なき戦場 インパール (角川文庫) 太平洋戦争 日本の敗因〈4〉責任なき戦場 インパール (角川文庫)
NHK取材班 (1995/07)
角川書店

この商品の詳細を見る


ずっと前に買ったのですが、未だに大事に持っている本です。
太平洋戦争で3万人以上の死者をだした「インパール作戦」のことが載っています。
はっきり言って、読んでて胸が痛くなるのですが最後まで読みました。
kinaが心に残っているのが、イギリスは物資をばんばん輸送し、充分な装備と食糧を常に補給し、さらに「兵士のモラルに影響する」と傷ついた兵士をすぐに手当をするシステムと、後半で出てくる旧日本兵が死んでいった仲間を回顧し「浮かばれない」と涙を流すところです。
詳細はぜひ買って読んでほしいのですが、某小隊の死者72名のうち、戦死者は4名で後は病気と餓死、ケガをしてもろくな手当をされず、しかも遺骨はまだミャンマーの山の泥の中に埋まってる…マジで「浮かばれない」って思います。
イギリスでは「インパール作戦」を研究し、今後に生かそうとしているそうです。

この本を編集した方が最後にこう締めくくっています。
これはただ哀れで済まされる問題ではない
本当にそう思います。

 | HOME |  »

プロフィール

kina

Author:kina
北海道でリーディング+ヒーリングをさせていただいてるkinaと申します。
本を読むことがとっても好きで、ついこんなブログを立ち上げちゃいました。
勢いあまって、CDも紹介しちゃってます。
「…読んでる本がオカルト、スピ系、歴史もんに偏ってないか?!」って言われても、まぁ気にしない気にしない。
何かの参考になれば幸いです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。